CARNORAMA JAPAN -Automotive Views – Trends – Ideas – カノラマジャパン株式会社 ニュース

ニュースNews

カノラマは設立以来、新聞・専門誌・インターネットニュースソースなど国内外の様々なメディアに対してナレッジを提供して参りました。これは、メディアを通して自動車産業の発展に寄与するという目的で実施されています。これまで配信されたニュース・トピックを貴社の戦略にご活用いただければと思います。過去の注目ニュースを掲載していますので、内容を詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。


データ改ざんの旧タカタ、欧州品質認証機関向けでも不正-関係者
日本を誇る自動車安全部品の世界大手メーカーであったタカタは、世界規模のエアバッグインフレータのリコール 問題により倒産した。しかし、同社の事業は、中国企業を親会社とする、米企業が買収の上継続していた。
今回発覚した不正問題は、今のところリコール問題には発展していないものの、先のエアバッグのリコールを上回る世界的な問題に波及する可能性をもつ。
「叩けば埃が出る企業」は、安全に対する意識の欠如、あるいは、法令遵守の意識の欠落が、根本的なところにあるのだろう。

2020年10月19日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

More False Data Emerges From Firm That Took Over Takata

Automakers will probably conduct a review on seat belts made by Takata or JSSJ when bad news like this occurs, said Ken Miyao, an analyst at Carnorama. “If they find unknown defective parts, that potentially may lead to another round of recalls,” he said.

 

2020年10月19日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

Honda and GM seek North America alliance to share car platforms
Honda and GM seek North America alliance to share car platforms
“This is an important first step for them to see whether their partnership will create more synergies,” said Takeshi Miyao, an analyst at Carnorama in Tokyo. If the collaboration works out as promised, analysts say the partnership could see GM and Honda move closer in terms of engineering integration and could even eventually end up with the two companies taking minority stakes in each other.

2020年9月3日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

三菱自の益子会長退任、健康上の理由で―3社連合の関係強化に尽力
三菱自の益子会長退任、健康上の理由で―3社連合の関係強化に尽力
益子氏は三菱商事出身。2004年にリコール隠し問題で苦境に陥っていた三菱自に常務取締役として入社。翌年に三菱自の社長に就任して以来、経営のかじ取りを担ってきた。自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストは、「トップにいた経験が長い分、経験値は豊富だった」とし、益子氏を「生き字引」と評価する。

2020年8月7日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

日産は今期営業赤字4700億円、新型コロナ打撃で損失拡大-無配に

自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストは今期の純損失見通しが前期実績とほぼ同水準となったことについて、前期が日産自体の問題だったが今期は業界全体に打撃を与えている新型コロナの影響が大きく、「金額的には同じだが中身はまったく違う」と指摘。日産が思い描いた中期計画での立て直しに狂いが生じると赤字幅が拡大することも考えられ、「上振れより下振れリスクの方が可能性が高い」と述べた。

2020年7月28日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

Nissan’s $4.5 Billion Loss Forecast Underscores Tough Challenges

“The risks to the downside are greater than the risks to the upside,” said Takeshi Miyao, an analyst at Carnorama in Tokyo. “The are seeking to paint a picture of a V-shaped recovery, but they won’t be able to make up for the impact of the coronavirus, no matter how hard management tries.”

2020年7月28日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

Fearing Germs on Steering Wheels, Japanese Shun Car-Sharing
Car sharing was meant to cut out the middle man — with drivers passing the car from one person to the next, there’s no need for expensive car rental offices or staff. That’s an idea that has now backfired as people fear touching things others have handled, according to Carnorama analyst Takeshi Miyao.
“It’s hard to disinfect the cars when handing them off to the next person,” Miyao said. “People will be asking themselves what kind of person was it that used the vehicle beforehand, and that makes them a little bit afraid.”

2020年6月19日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

急成長のカーシェアが新型コロナで失速、接触忌避か-CASEの一角
急成長のカーシェアが新型コロナで失速、接触忌避か-CASEの一角
自動車調査会社、カノラマの宮尾健アナリストは、不特定多数の人が一つのハードウエアを使いまわすカーシェアやライドシェアは「引き継ぐときに消毒が難しい。ユーザー心理としては、前に使ったのがどんな人か分からない中ではちょっと怖いと思うのではないか」と指摘。

2020年6月19日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

Nissan Looks to Rogue to Repair Red Ink-Stained Balance Sheet
Nissan Looks to Rogue to Repair Red Ink-Stained Balance Sheet
“Each launch of Nissan’s 12 new cars will be a crucial stepping stone for its recovery,” said Takeshi Miyao, an analyst at Carnorama in Tokyo, adding that its brand value has already hit the bottom. Nissan is also planning new models in Japan and other markets.

2020年6月15日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

テスラ、時価総額で自動車会社世界トップを射程にートヨタ迫る

自動車調査会社、カノラマの宮尾健アナリストは、EVメーカーとして「テスラはある程度の地位を確立した」と指摘。一方で、新型コロナウイルスの感染拡大で年明けから中国の自動車メーカーが生産調整する中、テスラはあまり影響を受けず、相対的に中国で販売が伸びたように見えたことから「株価が連動したにすぎない」と見る。中国で新型コロナウイルスの感染が落ち着きつつある中で今後は中国メーカーが「増産にでてくる」と見ており、今後のテスラの販売は楽観視できないとし、テスラが時価総額でトヨタを抜く日は「まだ遠い」と述べた。

2020年6月11日 00:00 Bloomberg Newsより抜粋

PAGE TOP

  • 1.自動車100年塾
  • 2.miMOTIVE
  • 3.日本アジアビジネス協会 JABA