CARNORAMA JAPAN -Automotive Views – Trends – Ideas – カノラマジャパン株式会社 ニュース

ニュースNews

カノラマは設立以来、新聞・専門誌・インターネットニュースソースなど国内外の様々なメディアに対してナレッジを提供して参りました。これは、メディアを通して自動車産業の発展に寄与するという目的で実施されています。これまで配信されたニュース・トピックを貴社の戦略にご活用いただければと思います。過去の注目ニュースを掲載していますので、内容を詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。


CASE革命と電動化、次世代の自動車部品#4

自動車業界向けB2Bサイト「mirai Response」に連載中の次世代モビリティの市場展望 第4章 が公開されました。

2021年3月23日 10:17 mirai Responseより抜粋

Toyota Leads Losses After Renesas Fire Stokes Chip Crunch Fears

“This is turning into a negative story,” said Takeshi Miyao, an analyst at independent researcher Carnorama. “Production is shrinking, not increasing, so the balance between supply and demand is only getting worse.”

2021年3月22日 17:26 Bloomberg Newsより抜粋

トヨタやホンダの株価下落、半導体不足懸念-ルネサス工場火災で

自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストは、トヨタなどは半導体調達のリスク分散のためにルネサスからの調達強化を図っていたとし、今回の火災で「期待を裏切られた形」になったと述べた。

2021年3月22日 09:50 Bloomberg Newsより抜粋

「ぼったくり」原点に起業、空港送迎のスマートライド-株式公開視野

自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストは、モビリティー(移動関連)市場で存在感のある企業になるためには既存の公共交通インフラの隙間を埋め、ライドシェア企業との差別化も鮮明にする必要があると指摘した。このためスマートライドの課題は「空港を足場としたアライアンス構築や、ユニークな仕掛けの提供だ」と指摘した。

2021年3月19日 06:00 Bloomberg Newsより抜粋

テスラ「モデル3」日本で販売急増-値下げでEV不毛の地に変化
自動車調査会社、カノラマの宮尾健アナリストはモデル3の伸びについてEVが「安くなったら売れるということが証明された」とし、日本の自動車メーカーにとっては「ショッキング」な事態だと指摘する。
宮尾氏は、日本の自動車メーカーのEVがモデル3との価格差に見合うだけの「価値を訴求できるかといえば正直難しい」と、追随値下げを迫られるだろうと述べた。しかし、EVの販売規模が大きい上、電池を中国から調達することなどを背景にコストを下げてきたテスラと違ってそれも簡単ではないとの見方を示した。

2021年3月4日 13:07 YAHOOニュースより抜粋

ホンダ6年ぶりトップ交代、三部氏「アライアンス含め実行」 電動化急ぐ
自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストは、研究所社長を兼任してきた三部氏の社長就任で「エンジニアなど社員のモチベーションは上がるだろう」とみている。宮尾氏はまた、「三部氏にはリーダーシップを発揮してもらい、トヨタ自動車と並んで2トップで日本経済を引っ張っていってくれるようなホンダに戻してほしい」と期待を寄せた。

2021年2月19日 15:42 REUTERSより抜粋

テスラ「モデル3」日本で最大156万円値下げ、EV価格競争激化
自動車調査会社カノラマの宮尾健アナリストは、モデル3の値下げによる同社の販売に対して「いい影響になる」とし、政府の電動車への転換方針も販売拡大の後押しになるとの見方を示した。
その上で、20年に世界で最も売れたEVであるモデル3を持つテスラが「市場が拡大する中でマーケットリーダーになることは間違いない」とした一方で、中国勢などの台頭により今の市場シェアを「維持するのは大変になってくる」と語った。

2021年2月18日 12:15 Bloomberg Newsより抜粋

Tesla Cuts Model 3 Prices in Japan By as Much as 24%
Despite the Model 3 being the top-selling electric vehicle last year, Tesla may fall in terms of its overall market share as the EV market in places like Japan gets bigger and new players from China enter the picture, even though its sales and profit will likely continue to grow, according to Miyao.

2021年2月18日 12:05 Bloomberg Newsより抜粋

CASE革命と電動化(後編)、次世代モビリティのパワートレイン#3

各国規制をクリアするために、旧来のエンジン車メーカーは、ZEVの販売を急拡大し、企業平均燃費を一気に下げることができなければ生き残ることはできない。一部例外として、トヨタのHEVなどCO2削減技術を持つ自動車メーカーは、BEV投入するまでもなく、規制適合が可能である。

続きはmirai ResponseのWEBサイトへ

2021年2月10日 12:05 mirai Responseより抜粋

CASE革命と電動化(前編)、各国・自動車メーカーのシナリオ#2
昨年9月の菅政権発足以来、日本国中がカーボンニュートラルに向かい動き出そうとしている中で、日本自動車工業会を代表して豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が、ガソリン車の販売禁止および自動車の電動化の推進政策に対して苦言を呈した。

続きはmirai ResponseのWEBサイトへ

2021年2月3日 12:05 mirai Responseより抜粋

PAGE TOP

  • 1.自動車100年塾
  • 2.miMOTIVE
  • 3.日本アジアビジネス協会 JABA